フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

統健会について
統健会について

第69回日本癌学会学術総会 がん制圧に向けての知の統合

9月22日から24日の3日間、大阪国際会議場及びリーガロイヤルホテル大阪で第69回日本癌学会学術総会が行われました。

そこで、長年低分子化フコイダンについて研究されている、当会の理事でもあります九州大学大学院農学院 白畑實隆教授の研究が、9月22日15:30からのオーラルセッションで「酵素消化低分子化フコイダン抽出物による癌細胞特異的細胞死及び糖鎖合成経路の改変誘導」と題し発表されました。(講演は照屋輝一郎助教より)

■日本癌学会学術総会 会場前にて
左から
照屋輝一郎助教(九州大学大学院農学院)
濱砂勝規(統合医療と健康を考える会)
白畑實隆教授(九州大学大学院農学院)

■日本癌学会学術総会 講演会場前にて
左から
濱砂勝規(統合医療と健康を考える会)
白畑實隆教授(九州大学大学院農学院)
照屋輝一郎助教(九州大学大学院農学院)

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る