フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

統健会について
統健会について

第28回日本バイオセラピィ学会学術集会総会にて研究発表
― Back to Virchow, 宿主の炎症病態に迫る ―

2015年12月3日・4日の2日間、埼玉県川越市の川越東武ホテルで、第28回日本バイオセラピィ学会学術集会総会が開催されました。

今回のメインテーマは“Back to Virchow, 宿主の炎症病態に迫る”ということで、当会の会員でもあります、セレンクリニック福岡の髙橋秀徳院長が代表となって、他数人の先生方の症例も含めてまとめられた研究が、「進行癌患者に対する低分子フコイダン(LMF)の抗炎症作用に関する探索的検討報告」と題し発表されました。

※ちなみにこの内容は、今年の第74回日本癌学会学術総会、第53回日本癌治療学会学術集会、そして米国ボストンで開催された第12回国際SIO会議(国際統合腫瘍学会)でも、演題が少し違う表現ではありますが、同じ内容で発表されています。

左:髙橋秀徳院長(セレンクリニック福岡)
右:浜砂勝規(当会理事長)

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る