フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

ブログ
ブログ

健康管理士一般指導員

皆さんご存知でしょうか?「健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)」というものがあるのを。
つい先日その認定試験があり当会の理事が受けました。結果、見事合格!!おめでとうございます!

この健康管理士一般指導員の資格は、22年前から認定が開始されているものです。
『近年、成人病の増加・自己管理の難しさ・環境問題・人間関係から来る現代病など、様々な問題が浮き彫りになってきていること、
これらの問題を予防するという観点から、幅広く「健康学」を確立することが大切な時代になってきた中、人間らしい健康で明るい生活を営むことのできる「知識と意識」の確立を目指し、家族の健康・社員の健康・大切な人の健康・それらを守っていくのが「健康管理士一般指導員」の大きな仕事』ということなのだそうです。

当会が、こうやって情報の提供やご相談を受けて活動していること全てに、この資格で得られた知識は非常に有意義なものだといえます。
これからは、この知識を生かし今まで以上にしっかりと活動していってくださると思いますので、皆さんも是非、ご相談してみてください。

ところで、健康管理士は「予防医学」「健康管理」のスペシャリストで、一般指導員とさらに上級指導員の資格があるそうです。
更に上を目指し、理事も上級指導員の資格をとるべく頑張っていく?のだと期待しているのですが、勉強するのって大変なわけで…、いかがなのでしょうか…(笑)。

※ちなみに、括弧書きの中の(健康管理能力検定1級)という資格は、文部科学省後援によるもので、今年から「健康管理士一般指導員」の資格を取得した方は、「健康管理能力検定1級」を同時に取得したことになる、のだそうです。

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る