フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

ブログ
ブログ

まごころの連鎖

10月になりましたが、また週明けから猛烈な台風が吹き荒れたり、一方で季節外れの真夏日になったり、とにかく局地的で極端な気候が続いていますね…。
また、この時期は朝夕と日中の気温差が大きく、体調を崩す方も多いようです。
風邪薬のCMも流れてきましたからね(これを見ると冬になるんだなぁ~と思います)。そろそろ、ご注意!ご用心ですよ!

さて、今日は先日の「患者の集い」の中でのお話から、ちょっとご紹介です。

『以前がんを克服した知人がおり、その事実に驚いて「何で治したのか?」と聞いたところ“ゲルソン療法”という答えが返ってきた。
それまで体のことなどは何も気にせず、アルコール三昧で食事も好き放題だった自分が、がんになって初めて食事を含めた生活習慣ということを真剣に考えるようになった。
“ゲルソン療法”を勉強し、今では毎日人参ジュースを1日3回300㏄ずつ飲んでいる。
人参ジュースは酸化しやすいので、最初に人参とレモンを混ぜて、その後でりんごや青菜類を入れている。当然、アルコールはきっぱり止めました!(苦笑)
牛・豚類は一切食べないし、にんにくはとても良いから毎日黒にんにくを摂っている。
あの頃は本当に「アルコールとひどい食事」だったと、今さらだけどがんになったのも無理ないなぁ~と思っている。
余命宣告を受け、そこからフコイダンを飲み始め、抗がん剤治療も受けながら、おかげさまで食欲もあり元気で日々過ごせている。
体重も増加して「今はこれ以上体重を増やさないように」と言われているくらい(笑)
私、病人には見えないでしょう?』

確かに見た目にも全くご病気の方とは思えないくらい、顔色も良くお元気そうで…(^_^)v

この会ではいつも食事療法を中心とした生活習慣の見直し等の話もしておりますが、こうして実践編として患者さんご自身が語られると、また違った重みを感じます。
参加されていた方々からも色々とご質問が出たり、またそれぞれがご自身の体験をお話されたりして、初めて参加された方も「改めて勉強になりました!」と喜ばれておりました。

ご自分の思いや体験を伝えることは難しいことだと思いますが、今、良い方向に向かっている方はよくお話をして下さいます。
そして、「一人でも多くの患者さんが救われたら…そのために何か少しでも自分がお役に立てたら…」と、皆さん、一様におっしゃいます。

こういう“まごころの連鎖”が希望の懸け橋になっていけば… \(^o^)/
私共、統健会が目指すところもまさにそこですね!

さて、私も良い心持ちで今日も頑張らねば!

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る