フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

ブログ
ブログ

“生きたい理由を持つ”~ 札幌セミナー

“生きたい理由を持つ”~ 札幌セミナー

今朝は寒かったですね~急に冷え込んできたようで…。
とは言え、北海道で雪、東北地方は紅葉と雪のコラボ、沖縄ではまだ半袖。
この時期は日本列島が縦に長いということをつくづく実感します。

先日セミナーのために訪れた札幌もかなり寒かったです。
今回も大勢の方がいらして下さいまして、いつもながらの大盛況!
私も「癒しの森内科・消化器内科クリニック院長の小井戸先生」と、「九州大学大学院助教の照屋先生」のお話をじっくり聞いてまいりました。(何度聞いてもためになりますから!)

照屋先生の講演は低分子化フコイダンの研究内容が主ですから、皆さん真剣な表情でスライドを観ていらっしゃいました。メモを取られる方も多かったですね。
そして、小井戸先生のお話は臨床の現場の生の声と言いましょうか…がんを克服するためのお話はもちろん、ドクター裏話! 抗がん剤治療の真実!…等々、聞きどころ満載で。
会場は笑い有り、苦笑いも有り、驚き有り。
最後は低分子化フコイダンを飲用した症例の数々を紹介されて…皆さん興味津々。

「あなたはどうして生きていたいのですか?」
これは小井戸先生がいつも患者さんに問いかける言葉だそうです。

“死にたくない”という思いではなく、“できる限り長く生きたい”という欲求!
“どうしても生きたい理由”を持つ、“生きる目的”を明確に持つ人が生還している!
“医者任せではなく自分の直感力を信じる!”
“医者に匙を投げられたら、医者に匙を投げ返す。医者とハサミは使いよう!”

今回も小井戸先生のたくさんのメッセージ(名言)と共に、患者さんへの思いがいっぱい詰まったセミナーでした! \(^o^)/

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る