フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

講演会のご案内
講演会のご案内

第55回「がん統合医療講演会」in札幌 開催しました

「がん克服への挑戦」

がん克服を目指す医師・研究者による
“低分子化フコイダン”を取り入れた統合医療の講演

第55回「がん統合医療講演会」in札幌 開催しました

札幌では今年最後の「がん統合医療講演会」。九州大学大学院 照屋輝一郎助教、癒しの森内科・消化器内科クリニック 小井戸一光院長の講演に加え、今回はがんを克服された瀬戸口拓世様をお迎えして体験談をお話いただきました。

九州大学大学院 農学研究院 照屋 輝一郎助教 九州大学大学院 農学研究院
照屋輝一郎 助教

まずは照屋助教から、これまでに研究してこられた低分子化フコイダンについて、抗腫瘍効果を中心に講演いただきました。また昨年から講演に加わった、白ナタマメ抽出エキス(コンカナバリンA)添加による最新の研究についても詳しくお話しくださいました。

瀬戸口拓世 様 瀬戸口拓世 様

続いて、当会の会報誌(統健会通心)と、当ホームページの「体験談」でも2回ご紹介している、鹿児島県にお住いの瀬戸口拓世様を約1年ぶりにお迎えし、がんを克服された体験談をお話しいただきました。実践された具体的な内容に、皆さん一様に頷きながらとても熱心に聞き入っておられたようです。

医療法人札幌がんフォレスト 癒しの森内科・消化器内科クリニック 小井戸一光 院長 医療法人札幌がんフォレスト
癒しの森内科・消化器内科クリニック
小井戸一光 院長

そして最後に小井戸先生から、先生が取り組んでおられるがん統合医療について講演いただきました。
また講演の中では、先にお話しいただいた瀬戸口さんが実践されたことを例に挙げながらお話になられるシーンもあり、これまで以上に皆様へ実感として受け取られている様子がうかがえました。

講演終了後の個別相談は今回も小井戸先生にお願いし、5組の方のご相談に乗っていただきました。
そして今回も、低分子化フコイダンについてなど個別でのご質問に対応できるよう、会場内に相談デスクを設けましたので、ご活用いただけたのではないかと思います。

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る