フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

がんについて
がんについて

2013年にがんで亡くなった人は36万4872人で、死亡総数の約3割を占め、1981年に脳卒中を抜いて死因のトップとなって以来増え続け、統計的には2人に1人ががんになると言われています。
ではこれほど増え続けるがんの原因は何なのでしょうか、
国立がん研究センターがん予防・検診研究センターがまとめた「がんを防ぐための新12か条」の中にも①たばこ②食事③運動についての項目が7つ入っているようにがんは生活習慣病と言われています。
では、がんになった時の治療はどうでしょうか、病院では一般的に、「手術」「抗がん剤」「放射線治療」の三つを標準治療として、単独で、あるいは組み合わせて行っています。
しかし、標準治療には非常に辛い副作用があり、さらに、標準治療で対処しきれなくなった患者さんは「がん難民」となり、深い悲しみと絶望の中に突き落とされます。
一方で標準治療以外に目をむけると様々な治療法が存在し、そうした標準治療を含めた様々な治療を総称して統合医療と言います。当会がお薦めしている低分子化フコイダンも統合医療に含まれる治療法です。

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る